SDGsへの取り組み

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

協和建設の取り組みをご紹介いたします
3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

・社内や現場において、設備の充実や整理・整頓・清潔を心掛け、働きやすい職場づくり
・社屋内において、全社員へのインフルエンザ予防接種を実施
・高断熱住宅の供給による、居住者のヒートショックの軽減
・HEAT20のG1グレード以上を標準仕様
・医療福祉施設の建設



4.質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

・インターンシップの受け入れ
・社員の資格取得をサポート
・技術者の継続教育(CPDS)の実施

5.ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

・育児休暇制度の実施

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生涯的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

・自社の安全大会の実施
・月1回、店社安全パトロールの実施



9.産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

・社会のインフラ整備に貢献

11.住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

・長期優良住宅の普及、省令準耐火構造の推進
・雪や地震など、災害に強い耐震・耐雪住宅の普及
・新築住宅の全棟構造計算の実施
・公共施設の建設
・除雪作業による生活の安全確保



12.つくる責任つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

・住宅や建築物の竣工後のアフターメンテナンスの実施
・作業現場で発生した再利用可能廃棄物の再資源化の促進

15.陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性の阻止を図る

・会社周辺のゴミ拾いなど、地域保全活動への参加



※ 詳しくは外務省のホームページでご覧いただけます
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html